雑談「ベイファンの週末ダラダラ記事!気になる事項を、まとめてみました!」

今日は10/15(土)となりました!

年末までもうすぐということですが、足元の動きに気を付けたいところです!

直近で気になるニュースと言えば、円安でしょうか。こちらが、148円台ということで、まだまだこの傾向が続いてしまうことはやむを得ないと言えるでしょう。構造的には、➀インフレ→➁ドルの価値を担保するため米利上げ→➂日本は緩和継続ということで、この根本的な構造に変化がない限り、円は売られ続けると思っていいものと言えそうです。

インフレ要因に関しては、そもそもドルが変動相場制に移行してからはじまった、ドルの垂れ流しに伴う資源各国の原油価格つり上げからはじまったとされています。現在は他に、戦争、感染症に伴う中央銀行の大規模緩和、脱炭素による化石燃料の高騰など、➀のインフレ要因が多様化しており、これらからすぐにインフレが収まるとは考えにくいと思っておいた方が良い言えるのかもしれません。

また、➂の緩和継続に関してですが、日銀が金融を引き締める、つまり利上げするという可能性は、ないと思って良いと言えるのかもしれません。それは、コロナ禍で大規模な緩和をした結果、日銀当座預金が既に500兆円を超えており、これに1%の金利がつくと、利払いだけで、約5兆円以上年間かかってしまうからだと言えるのかもしれません。日銀の自己資本は約10兆円とされているので、1%の利上げでも約2年間した耐えきれない財務体質になってしまっていることを踏まえれば、ないと思って良いでしょう。

仮に利上げしないままであったとしても、この円安による物価高の影響で、結局インフレで現金価値が目減りしてしまうので、日銀がどの選択肢をとったとしても、遅かれ早かれ、インフレの影響を抑えられないという結論となってしまうことは残念だと言えます。

これらから、円安の構造は継続すると言えそうで、それを見越した防衛を始めておきたいところです!これが2020年からはじめた筆者の対策ですが、個人的にできそうな対策としては、➀ドル資産をとりあえず保有することと、あとは➁収入を少しでも上げることと言えそうです。

➀に関しては、レートに関わらず、混乱が収まるまでは保有継続の方針で、➁に関しては、副業がオススメです。一方で、あまり気にしすぎても仕方ないので、あとはこれらも活動を先鋭化させるべきかなと思います!個人的には今後は会社員ではなくなり、自営業者としてやっていく方針ですが、あとは固定的なコストをまずどれだけ抑えられるかは計算してはじき出しておければいいかなと思います。

結局、どのラインまで下がるのかそこが不明であり、360円の時代に回帰する可能性もあるのか、その点も含めて、経済紙や週刊誌、あるいは新書や専門書から読み込んでおければと思います。しかし、ここまで一気に進むのも珍しい、32年ぶりの水準ということで、生まれてすぐの時代に経済自体が回帰したことは平成ってやっぱり、「停滞期」なのかなと思わざるを得ないと言えそうです。そうなると、令和は「衰退期」にあたると言えますが、それに合わせて社会構造や諸制度もダイナミックな変化が求められているかと言えそうなので、ある意味、チャンスと捉えて事を進めていければと思います!

では、今回は以上となります!良い週末を~(^^)/

The following two tabs change content below.
野球好きな30代サラリーマン!副業ではWebライターをメインに活動中です。当ブログでは、副業や株式投資など、自分の興味のある事柄で、有益だと思った内容を投稿しております!主な略歴は、Webライティング実務士、校正実務講座修了、ココナラではブロンズランクライター(2020年10月~2021年5月までプラチナランク達成!)です。また、株式投資最大利回り約150%を達成しており、様々な投資活動にも注力中!何卒、よろしくお願い致します(^^)/ 【注意】投資情報はあくまで参考程度に流し読みしていただけますと幸いです。投資は自己責任となりますので、損失が出た際の責任は一切負いかねます。何卒、ご了承いただきますようよろしくお願い致します。
スポンサーリンク

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。