投資「ココナラライターの株式投資実況中継!現在の投資状況を、まとめてみました!」


今回は、投資に関する記事となります!

現在、株式投資に挑戦中の筆者ですが、今回は投資に関する記事をまとめてみようと思います!参考がてらに、流し読みしていただければと思います!

現在の株式投資状況!

現在の投資状況は、以下のようになっております。

保有株数取得単価現在値評価損益
1605 INPEX 現買 現売 
600942937-3,000
8698 マネックスG 現買 現売 
500983931-26,000
9613 NTTデータ 現買 現売 
5002,4122,394-9,000

となっており、オミクロン株の影響が不透明なため、値下がりとなっています。

やはり、かなり迷いましたが、INPEXとマネックスGは組み込み、NTTデータをメインとしたポートフォリオで、今年度は終わりとしたいと思います!

危機下と言えど、ピンチはチャンスだと思って、こちら株式投資にも臨みたいところです。

株式へ充当する資金は、縮小させていますので、あとは、ドルと円の獲得に動いていければいいのかなと思います!

マネックスGはレーティング格上へ

マネックスGは、大手証券会社より、レーティングが格上となっており、これを受けて一時ストップ高となっています。

このタイミングか~泣と思いましたが、外部機関からみても、割安と評価できるというお墨付きをもらったため、今後は、「自分のバランスシートの最良化」のためにも、改めて今後必要になってくるのかなと思います!

INPEXは、割安だと判断するも、OPECの動きに注意!

恐らくOPEC(石油輸出国機構)+の12/2に開かれる会合での結論として、増産はしない方向に動くものと推測しております。

一方、新変異株である「オミクロン」株の流行が不透明なため、また、WTI価格が暴落する危険性があります。

筆者としては、再エネの普及により、シェールオイルへの投資も減少しているものと思っており、OPEC+の会合結果を受けて、今後、エネルギーの世界的な争奪戦になっていくものと思ったりしています。

その際に、自国でエネルギーを生産する力は必要である判断し、ほぼ100%潰れない企業と判断したため、再度、インする形をとりました!

同じようなニュアンスで、NTTデータは、DX関連及び翌年度のデジタル通貨発行にも関連する日本の巨大テック企業になりうるポテンシャルをもっていると判断したため、こちらをメインに今後も推移をみていければと思います!

今後は、かなり不透明感が強いので、
いつでも損切りするイメージをもって、
臨んでいければと思います!

損切りは早めにしたいよね。

\ココナラでは、様々なジャンルの記事を作成させていただいております!ご依頼は、こちらからどうぞ!/

1文字1円~!ネタ切れを防止し記事を応援します 読書好き×ブラインドタッチで高速に仕上げます!

まとめ

株式投資は変化を身近に感じなら、取り組めるので、できれば何かに投資しておきたいものです。かつ、低金利のため、銀行預金に預け入れておくよりも、効果的な運用ができれば、それなりの金額になりうると言えます。しかし、当然リスクもありますし、一部の資金は当然、銀行預金に預け入れておくことも必要になるので、日々の変動にあまり振り回されない資産運用をしておきたいものですね。筆者はまだまだですが、自分の納得のいく投資先があれば、迷いなく投資していければと思います!儲けはあてにせずに、仕事が一番大事なのは、いうまでもありませんが。では、今回は以上となります!最後まで、読んでいただきまして、誠にありがとうございます!では、また~(^^)/

次回予告!

次回は雑談に関する記事となります!12月の気になる事項を、まとめてみようと思います!では、お楽しみに、どうぞ(^^)/

The following two tabs change content below.
野球好きな30代サラリーマン!副業ではWebライターをメインに活動中です。当ブログでは、副業や株式投資など、自分の興味のある事柄で、有益だと思った内容を投稿しております!主な略歴は、Webライティング実務士、校正実務講座修了、ココナラではブロンズランクライター(2020年10月~2021年5月までプラチナランク達成!)です。また、株式投資最大利回り約150%を達成しており、様々な投資活動にも注力中!何卒、よろしくお願い致します(^^)/ 【注意】投資情報はあくまで参考程度に流し読みしていただけますと幸いです。投資は自己責任となりますので、損失が出た際の責任は一切負いかねます。何卒、ご了承いただきますようよろしくお願い致します。
スポンサーリンク

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。