雑談「ベイファンの週半ば徒然日記!気になる事項を記載してみました!」

今週は、木曜日となりました!

6月も下旬に入り、暑くなってきましたね。

ということで、気になる話題としては、「天皇陛下のオリンピック開催への懸念」について、宮内庁長官が発言したことを取り上げてみようと思います。

天皇は、戦前は「現人神」という位置づけで、大日本帝国憲法下では主権となっており、吉野作造の「天皇機関説」が有名となっております。

しかし、昭和天皇は戦争を止めることができず、軍部の暴走を止めることが結果的にできなかったとして、GHQ主導の東京国際軍事裁判によって、刑罰は免れたものの、日本国憲法下では、国民主権に変更したという経緯があるのは、歴史の流れとなっているかと思います。

その後、政治的発言はタブー視されていたものの、今回のオリンピック開催について、懸念を示したことを発表したということに、非常に異例中の異例の出来事と思っており、興味をもっています。

ついに、政治的判断の限界を迎えつつあるのかともとれる、今回の天皇陛下の発言ですが、「天皇がおっしゃるならしょうがない」という、最終的な解決手段として、政治利用される可能性も出てきているとも言えそうです。

天皇の価値と金の価値は似ていると言えそうで、歴史的に価値がある、また、実際何も裏付けされた価値がないのに価値がある対象物として、興味があると言えますね。

天皇は国民の象徴であり、あくまで民意を反映しての発言だったかもしれませんが、もうオリンピックを今さら中止にはできないだろうなと個人的に思っています。

このように、これまで見られなかった動きが、一気に噴出しているのが現在と言えそうで、予見可能性をより困難なものにしていると言えそうです。

ただ、この混乱の後には、また新しい時代になっていると思って、出来ることをやっていきたいものですね。では、今回は以上となります!最後まで、読んでいただきまして、誠にありがとうございました!では、また~(^^)/

The following two tabs change content below.
元高校球児の都内在住30代サラリーマンです。会社員の傍ら、2020年4月より、副業や投資を本格化させています!【主な実績】・ココナラゴールドランクライター(プラチナランク 2020/9~2021/5まで、9ヶ月間連続ランク維持達成) ・Webライティング実務士有資格者(2020/9~) ・GoogleAdsense合格(2020/10~)  ・現在、株式投資に挑戦中!(MAXは150%超え) ブログを通して、令和時代に適した働き方及び資産運用の方法を探っていきたいと思います!どうぞ、よろしくお願い致します!
スポンサーリンク

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。