副業「ココナラライターの出品者養成講座!文章構成について解説します!」


今回は、副業に関する記事となります!

*筆者のサービスは、こちらからどうぞ!

1文字1円~!ネタ切れを防止し記事を応援します 読書好き×ブラインドタッチで高速に仕上げます!

現在、ココナラでライターの仕事をしている筆者ですが、本日は、ココナラでの現在の案件状況をご紹介しつつ、今回は、ライターとして、出品者を目指している方に向けて、ご依頼者に応じた文章構成について、ご紹介させていただければと思います!副業に興味のある方は、ぜひ一度ご一読していただければと思います!

現在の案件状況!

 現在の案件状況は、以下のようになっております!

➀人物紹介の記事作成

➁知的、発達障碍の方の就労支援に関する記事作成

➂月始めのスピーチの原稿作成

➃美容系器具の紹介の記事作成

➄不動産投資に関する記事作成

となっております!これ以上の枠だと、進めるのにかなりいっぱいいっぱいになってしまうので、この4~5件くらいの案件数が一番納期の調整がつく案件数だだと思っています。現在は、全ての案件がリピートのお客様となっておりまして、今後も継続して対応させていただければと思っております!

 では、今回の出品者養成講座のタイトルにも記載させていただきました、文字数による文章構成について、微力ながら解説させていただきます!

ご依頼者に応じた文章構成について

 では,ご依頼者に応じた文章構成について、記載させていただきます!ご依頼の依頼でオーソドックスな文字数は、1,000字~2,000字程度が一番多いと思います。その為、この文字数で、どのテーマに関しても、比較的容易にまとめることが出来れば、すぐにライターとして活動できると思います!では、この点を踏まえまして、1,000字の場合の基本構成をみてみましょう!

*1,000字の場合

●タイトル「〇〇(30字程度)」

事例「SDGs投資とは?国連が定めた目標で持続可能性がキーワードです!」


●リード文「〇〇(100字程度)」

SDGs投資は、最近はやりのキーワードとなっています。国連の枠組みとして設定されたこのワードが、現在なぜここまで注目を浴びるようになっているのでしょうか?その理由にきいて、記事にしてみようと思います。


●見出し1「〇〇(300字程度)」

SDGsとは?


SDGsとは、2015年の国際総会で、国連加盟の193ヶ国全てが賛同した国際目標のことです。これは、日本語に訳すと“持続可能な開発(発展、成長)目標”と訳されています。具体的には、2030年までに、この理念に基づいて活動することで、17の目標と169のターゲットの達成を目指しています。


その為、SDGsは以下の大きな特徴があります。
・細かい仕組みがない→自由度があり、イノベーションを促進する

・グローバル指標から、国内指標へと変換した数値で測る→出発点はマクロ

・総合性の高さ→経済、社会、環境から成り立つ


 このように、SDGsという概念は、範囲が広く、国際的な指標をもとにミクロな部分の指標を考えていき、非財務の性質をもっています。


●見出し2「〇〇(300字程度)」

ESGとは?


 リーマンショック後、ESG(Environment、Society、Governance)という、企業を環境、社会、統治の観点から、新たに評価する動きが活発化しています。これは、環境や社会的側面を重視した持続可能性、および企業ガバナンスの要素を加えた企業評価の指標です。その為、この指標を用いて、企業評価を行うことは、SDGsの取り組みを行っている企業に対して有効なアプローチとなります。

 この為、持続可能性を有した企業であれば、財務面に多少難があったとしても、評価をされやすくなっていくものと推測出来ます。現在は時価総額での評価が先行しすぎている点もあり、修正としての意味も込めて、画期的なコンセプトだと言えそうです。こういった企業の評価軸が新たに出来ることで、ほんとうに社会にとって必要な企業が社会で活躍し易い世の中になっていくものと推測出来ます。


●見出し3「〇〇(200字程度)」

欠点とは?


 欠点は、このSDGsやESGに関する明確な指標がないことです。あくまでも概念としての指標であり、国連の枠組みによって成立している指標の為、現段階ではこれを明確に数値として、有効に設定している市場は、みかけられません。SDGsの取り組みを行っているESG投資の銘柄自体は投資信託などで存在していますが、評価軸自体は今後、設計されていくものといそうです。その為、しばらくはPERやPBR、時価総額などの従来の評価軸に加えて、持続可能性があるかどうかは自分で判断する必要がると言えるのかもしれません。


●まとめ「〇〇(100字程度)」

 時事的話題では、脱炭素や、デジタルトランスフォーメーションなど、産業構造の転換点に差し掛かっている時代だと言えますね。コロナウイルスは現在の変化の流れを加速化させたともいわれているように、産業構造や社会構造の変容ももたらす可能性が高くなってくています。身近なところからビニール袋をあまり使用しないなど、個人としても出来る持続可能性に繋がる行動を試しながら、日常を生活してみると面白いかもしれませんね。

 ちょっと長くなりましたが、事例のように、キーワードを「とは?」でまとめて、他そのキーワードの問題点や関連した内容を書いてみると、1,000字程度でまとめやすいと思います。

 字数が増えても、この構成を使っていただいて、あとは内容を膨らませれば問題なく執筆できると思います!

いかがでしたか?

記事構成は他にも、論文調で「確かに~しかし」などでも構成できると思いますが、まずは1,000字程度でまとめられるようになれば、文字数の増加にも対応できると思います!

いろいろな文章構成があるんだね。

まとめ

 文章の構成について、よく起承転結でまとめるや、論理展開をしっかり成文させて執筆した方が良いと言われています。確かに、しっかりした文章構成の方が読みやすいし、分かりやすいと思います。しかしながら、ネットに掲載する記事は、どちらというと自由な方が、むしろ読みやすいと思っています。又、執筆者の違いが出ていて、面白いとも思っています。その為、あくまで参考程度に、本記事を読んでもらい、自分が書きやすい構成で記事を作成してもらうのが一番面白いと思います!では、今回は以上となります!最後まで読んでいただきまして、誠にありがとうございます!ではまた~。

次回は投資関連の記事を投稿しようと思います!手短となりますが、次回予告は以上となります!では、お楽しみに、どうぞ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。