投資「ココナラライターの投資レポート!再エネと米大統領選挙の関連性について!」

今回は、投資に関する記事となります!

 いよいよ本日、開票が始まりました米大統領選挙ですが、接戦となっており、どちらが勝ってもおかしくないと言えそうです!筆者はレノバに投資しておりますが、バイデンが勝利した場合、再エネの動きが加速するものと言えそうです!今回は、チャートをみつつ、今後の再エネの可能性について投稿致します!株式投資に興味のある方は、ぜひご一読下さい!では、内容となります!

11/4 レノバの値動き

保有株数取得単価現在値評価損益
8698 マネックスG 現買 現売 
300261257-1,200
9519 レノバ 現買 現売 
6001,4601,590+78,000
現在値 1,590↑C
(20/11/04 15:00)
 前日比 -108 (-6.36%)
始値1,721 (09:00)前日終値1,698 (20/11/02)
高値1,745 (09:08)出来高2,294,700 (15:00)
安値1,580 (13:14)売買代金3,758,317 (千円)

となっており、本日の相場が開いたと同時に一気に1745円まで値上がりし、トランプ優勢の状況によって、一転して売りとなりました汗!

この為、しばらくは価格変動が激しくなるものと推測され、株価が安定しないものと言えます。

トランプとバイデンどちらが勝っても、、、

現在、2人のエネルギー政策の主張は真っ向から対立していると言えます。

・トランプ=化石燃料保護

・バイデン=再エネを推進

大まかに言いますと、このようになっており、トランプが勝つと再エネの動きも一旦低下する可能性が大きいと言えます。 しかしながら、筆者としてしばらく保有をしつづけようと思っています。もちろんマイナス幅が約15%程となった場合、損切りをします。 ちらの大統領になっても、再エネの動きは活発化せざるを得ないと推測しており、日本で言えば菅政権が2050年までの二酸化炭素排出ゼロ、脱炭素を掲げているので、早いか遅いか問題と言えそうですね。

結果は時間がかかりそう

郵便投票の結果に時間がかかるということもあり、結果が出るまでは時間がかかると推測されています。

筆者としては、日本の選挙もこれぐらい盛り上がってくれたら面白いのにと思いました。

いやー、値下がりしすぎです泣!

ちなみにマネックスGは、一部買い付けを行いました!

儲けを当てにしたら終わりだね。

まとめ

筆者として、デジタル円の調査を引き続き行っていきます!又、別記事で投稿させていただきますが、ドル不信により、新たな基軸通貨が生まれる可能性があると一部の識者から指摘されています。例えば、中国のデジタル通貨は、基軸通貨のプラットフォームを狙っている可能性もあり、日本も独自のデジタル通貨をもたないと、海外のデジタル通貨で決済するようになる可能性が指摘されています。その為、日銀がデジタル円の導入を急ぐのも頷けますよね。

ちょっと話がそれましたが、バイデンを応援しつつ、レノバは我慢強く保有したいところです!では、今回は以上となります!最後まで読んでいただきまして、誠にありがとうございます!では、また~。

次回予告

明日も米大統領選挙と再エネの関連性について、チャートを基に考察しようと思います!たのむ、バイデン勝ってくれ!と願いを込めつつ、それが実際の株価にどういう影響をもたらすのか、身銭を切ってレポートさせていただきます!では、お楽しみに、どうぞ!

The following two tabs change content below.
元高校球児の都内在住30代サラリーマンです。会社員の傍ら、2020年4月より、副業や投資を本格化させています!【主な実績】・ココナラゴールドランクライター(プラチナランク 2020/9~2021/5まで、9ヶ月間連続ランク維持達成) ・Webライティング実務士有資格者(2020/9~) ・GoogleAdsense合格(2020/10~)  ・現在、株式投資に挑戦中!(MAXは150%超え) ブログを通して、令和時代に適した働き方及び資産運用の方法を探っていきたいと思います!どうぞ、よろしくお願い致します!
スポンサーリンク

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。