副業「ココナラ ライターの気になるトピック!早期及び希望退職制度とは?」

今回は、副業に関する記事となります!

*この記事を書いた人

・現在、ココナラでプラチナランクライター
・Webライティング実務士有資格者

会社員の傍ら、副業としてライターを実践中です!
初月に3万円を達成したので、副業に興味のある方は、
ご一読下さい!

*筆者のサービスはこちらからどうぞ!↓

1文字1円~!ネタ切れを防止し記事を応援します 読書好き×ブラインドタッチで高速に仕上げます!

*ココナラの登録は、こちらからどうぞ!↓

本日の気になるトピック! 早期及び希望退職制度とは?

 まず、現在ご依頼を頂いている案件で、気になるトピックがあったので、一部ご紹介させていただきます。テーマは、早期及び希望退職に関する記事のご依頼で、退職制度に関する記事を執筆させていただきました。

・退職制度とは?

会社の就業規則に則って支払われるものであり、現在は会社の制度として常設されているところもある。

退職後に一時金が支払われることで、老後の生計を手助けしてくれる制度

となっています。あくまで、就業規則での決まりなので、必ず制度として設ける必要はありません。その為、会社ごとに違うと言えますね。

・早期及び希望退職制度とは?

会社に元々常設されているのが、早期退職制度、業績悪化に伴う人件費抑制のために実施されるのが、希望退職制度となっています。

 同制度は、2007年頃から活用が増加し始め、現在、東京商工リサーチによると、2020年上半期では、上場企業の41社が、同制度を実施しています。コロナウイルスの影響もあり、下半期での実施社数も増加していくものと推測されています。

主に、飲食、ホテル、アパレルでの業績悪化に伴い、同制度が実施される可能性が高いと言えます。

同制度を用いて退職した場合は、会社都合退職となり、失業給付の日数が自己都合退職よりも短いのがメリットとなっています。しかし、転職時に、「会社都合扱い」ということで、しっかり経緯を説明する必要がると言えますね。

アメリカでは、確定搬出金という制度で代替

 調べてみたところ、アメリカでは、401(K)という確定搬出金という制度が、日本の退職金制度の代替される制度となっているそうです。自分で投資をしながら、資金を運用していくという、自由主義及び自己責任のイメージが強いアメリカらしい制度と言えますね。

 日本でも、長期雇用を前提とした退職金制度は、時代にそぐわなくなってきており、同制度を設けない企業も今後増えていくものと推測され、アメリカのような自分で運用する形になっていくものと推測できますね。

福利厚生では、大事なポイントだが、、、

 筆者の勤める会社には、同制度がありますが、あまりこの退職金を当てにしないようにしないとなと思っています。あるだけ全然良いですが、どれくらいの年齢でいくらくらい支給されるのかは、一度算定しておこうと思います。

 いつ、希望及び早期退職制度を活用しても良いようにしておくことが、ベストかなと思います。

退職金は一時金として支給されるので、雇用者側にとっては大変ありがたい制度です!
一度、算定してどれくらいの金額になるのか、みておくことは大事かもしれないですね。

一時金だから、老後などの資金としてはすごく重要だよね。

まとめ

 話は変わりますが、現在のココナラでのご依頼の数を調整して、もう少し、じっくりと案件に向き合いたいなと思います。枠は3~5くらいにして、1日1記事を目安に執筆できればと思います。枠を15くらいにしたら、ほとんど納期調整が難しかったので、これくらいの枠数で継続的にライター業も行っていければと思います!では、今回は以上となります!最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!ではー。

The following two tabs change content below.
元高校球児の都内在住30代サラリーマンです。会社員の傍ら、2020年4月より、副業や投資を本格化させています!【主な実績】・ココナラプラチナランクライター(2020/9~) ・Webライティング実務士有資格者(2020/9~) ・GoogleAdsense合格(2020/10~)  ・株式投資で現在利回り40%達成中(MAXは150%超え) ブログを通して、令和時代に適した働き方及び資産運用の方法を探っていきたいと思います!どうぞ、よろしくお願い致します!
スポンサーリンク

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。