StudYing「競争優位の戦略とは?ココナラ ライターが解説します!」

今回は、StudYingの記事となります!

 今日は、競争優位の戦略について、記事に投稿してみようと思います!中小企業診断士に興味のある方はぜひ一度みてみて下さい。では内容となります!↓

*筆者のココナラのサービスは、こちらからどうぞ!

1文字1円~!ネタ切れを防止し記事を応援します 読書好き×ブラインドタッチで高速に仕上げます!

目次【お好きなところからどうぞ】

競争優位の戦略とは?

 中小企業診断士では、3つの基本戦略があるとしています。主に以下となりますので、みてみましょう!

コストリーダーシップ戦略=業界全体をターゲットにして、低コストで勝負しようという戦略

差別化戦略=業界全体をターゲットにして、なんらかの差別化を行うことによって競争優位を築く

集中戦略=特定のセグメントに集中して、自社の経営資源を集中的に活用していこうとする戦略

 ①は、市場シェアを高めて、生産性を上げる必要があるなど、大企業が経験曲線効果及び規模の経済性を発揮して、コストを下げることで実施できる戦略となっています。

 ②は、製品の機能や品質、デザインなど製品自体を差別化する以外にも、顧客サービスやブランドイメージなどで差別化を図れるとしています。

 ③は、中小企業でよく採用されている「選択と集中」を用い、ある分野に特化して資源を集中させる戦略となっています。

戦略を実行するには?

 これらの戦略を実行するには、5つに主活動と4つの支援活動が不可欠だとしています。

・主活動5つ

購買物流・製造・出荷物流・マーケティング・サービス

・4つの支援活動

全体管理、人事・労務管理、技術開発、調達活動

 これらの価値連鎖を実施することが、上記の3つの戦略のどれをとるとしても、重要だとしています。

筆者の本業で勤める企業は、集中戦略を採用しており、
中小企業ならではの戦略をとっていると言えますね。

ちなみに、経験曲線効果とは、売り上げが2倍になると、
それを生産するコストは、20~30%減るとしています。

*StudYingの登録はこちらからどうぞ!↓

オンライン資格講座 スタディング

まとめ

 これら業界に対して、とれる3つの基本戦略と、それを支える価値連鎖についての解説記事となりましたが、みなさんの会社はどういった戦略を実施しているのか、みてみるのも良いですね。ココナラのライターとしては、差別化戦略を用いて、他のライターとの差別化を図っていきたいなと思います!では、台風でいろいろと九州地方は大変だと思いますが、安全に頑張りましょう!では、今回は以上となります!最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!ではー。

The following two tabs change content below.
元高校球児の都内在住30代サラリーマンです。会社員の傍ら、2020年4月より、副業や投資を本格化させています!【主な実績】・ココナラゴールドランクライター(プラチナランク 2020/9~2021/5まで、9ヶ月間連続ランク維持達成) ・Webライティング実務士有資格者(2020/9~) ・GoogleAdsense合格(2020/10~)  ・現在、株式投資に挑戦中!(MAXは150%超え) ブログを通して、令和時代に適した働き方及び資産運用の方法を探っていきたいと思います!どうぞ、よろしくお願い致します!
スポンサーリンク

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。