投資「ポートフォリオ組み直し 中国ETF買い付け開始!」

今回は投資に関する記事となります!

 昨日、安倍首相が辞職しましたが、アベノミクスに代表される経済優先の首相が辞職したということで、日経平均株価が300円値下がりしました。チェックしている株価は軒並み売りとなっていたので、今後の株価には要注意だと言えますね。今回は、中長期をテーマにした投資ポートフォリオに組み直したので、興味のある方はご一読していただければと思います!

中国ETF買い付け開始

 筆者は長期の投資としては、全世界インデックスファンドを毎月一定額買い付けていますが、それに加えて、三分割をさらに三分割させて、投資枠の中でも中期の部分を作ろうと思っていました。今回は新たに、中国ETFで良い銘柄があったので、そちらの買い付けを開始してみました。銘柄は、

・Tracker of Hong Kong

で、500口購入してみました!この中国ETFは、中国で上場している金融をメインとして買い付けを行っているファンドで、中期としてはピッタリの投資先だと思っています。外国口座から香港ドルで買い付け可能なので、興味のある方は見てみる価値はあると言えます。

なぜ中国?

 中国に対するイメージはあまりよくないかも知れませんが、今後の中国は期待がもてると評価できます。すでにアメリカか中国かという時代において、アジアの大国に投資しておくことは個人的に重要かなと思います。もちろんアメリカへの投資も行いたいですが、とりあえずは全世界インデックスファンドでカバーしたいなと思います。

8年前に上海に行った時の話

 個人的に上海に一度旅行で行ったことがありますが、まず建築物が新しものとボロボロのものが入り乱れており、そこまでスゴイとは思いませんでした。街中でも貧富の差が激しい感じで、まだまだ先進国とは呼ばないなと個人的には思いました。又、電車に乗ろうと思っても、電車に入る人は降りる人を優先せずに、交差しながら入っていたように、配慮のなさには驚いたのを覚えています。このように、日本人とは明らかに違いますが、今の中国は今後の世界経済を牽引する力があり、ファーウェイなどを始め、IT、ロボテイクス、ブロックチェーン、ビッグデータなど、先進技術はとても今の日本では真似できないレベルと言えるかもしれません。これらの理由から、中期的な投資対象として、中国ETFはオススメできます。

次の首相は、アメリカだけではなく、中国ともうまくやってほしいなと思います!

安倍首相は、国際的には評価されているみたいだったしね。

まとめ

 中期の投資先として、中国ETFをオススメする話でしたが、日本の首相は安倍さんの次に誰になるのか分かりませんが、個人的には石破茂さんに首相になってほしいと思っています!防衛省や地方創生のトップなどを歴任し、メディア対応にも慣れているので、安定的な政権運営プラス地方活性化、国防に精通している部分はとても今後求められる要素を備えた人物だと思います!来週の株価も要チェックですね!では、今回は以上となります!最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!ではー。

The following two tabs change content below.
元高校球児の都内在住30代サラリーマンです。会社員の傍ら、2020年4月より、副業や投資を本格化させています!【主な実績】・ココナラプラチナランクライター(2020/9~) ・Webライティング実務士有資格者(2020/9~) ・GoogleAdsense合格(2020/10~)  ・株式投資で現在利回り40%達成中(MAXは150%超え) ブログを通して、令和時代に適した働き方及び資産運用の方法を探っていきたいと思います!どうぞ、よろしくお願い致します!
スポンサーリンク

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。